なぜ食べる前よりも食べた後に乳酸菌の商品を摂取するのが良いか

ビフィーナという乳酸菌の商品を摂取するのであれば、タイミングは大きなポイントになります。適切なタイミングでそれを摂取する方は、大きな効果が発揮されている傾向があるのです。結論から申し上げれば、ビフィーナはなるべく食後のタイミングで摂取する方が良いでしょう。食前ではありません。

 

胃酸と胆汁が弱くなるので食後が良い

 

食前と食後は、胃袋の中の酸の強さが異なっています。まず前者の直前のタイミングは、ちょっと胃袋の中が酸がかなり強めになっているのですね。
しばらく何も食べないでいると、だんだんと胃の調子がおかしくなってくるでしょう。あれは実は、胃袋の酸がだんだんと強くなってきているからです。つまり空腹時は、胃袋の酸が強めになってしまう訳ですね。
その逆に食後のタイミングは、胃袋の酸はかなり多くなっていくと言われています。ですのでそのタイミングに何か物を摂取しても、小腸や大腸などに届きやすくなる傾向があるのです。
そしてビフィーナという商品を服用するのであれば、やはり小腸や大腸などに対する動きやすさが大きなポイントになるでしょう。せっかく強力な乳酸菌が入っているにもかかわらず、それが腸に届かなければあまり意味が無くなってしまいます。

 

食前にそれを摂取してしまうと、ちょっと効果が薄れてしまうリスクがあるのですね。せっかくビフィーナを服用しても効果が今一つでは、ちょっと悲しくなってしまうでしょう。ですのでビフィーナを服用するとしたら、やはり食後の方が良い訳です。

 

ちなみにビフィーナという商品は、胃酸にはかなり強めになっています。というのもその商品は、かなり強力なカプセルで覆われているのですね。ハイパープロテクトというカプセルで覆われているのですが、そのおかげで胃酸にも溶けづらくなっているのです。

 

しかしさすがのハイパープロテクトも、やはり胃袋の中の酸の状態が強すぎれば溶けてしまう可能性がある訳ですね。ですのでビフィーナを服用するのであれば、やはり物を食べた後がベストになる訳です。
また胃散だけではありません。他にも、胆汁も乳酸菌には大きな関係があります。いわゆる胆のうから液体が出てくる訳ですが、それは乳酸菌を溶かしてしまう性質があるのですね。前述のカプセルはそれに対する耐性はあるのですが、やはりそれが排出されないに越した事はありません。
そして食前の状態に比べると、食後の方が胆汁がやや弱めになっているのですね。必然的にビフィーナが溶かされづらくなるので、小腸や大腸の中で活躍しやすくなる訳です。

 

>>腸内環境 美容


このページの先頭へ戻る